経済・お金のあれこれ

経済やお金に関するあれやこれや。今更人に聞けないあんなことやこんなこと。経済やお金についてよくわからない人に対してわかりやすく役に立つ情報を提供することを目指します。

キャッシュレス決済の普及に政府が本腰~~時代に取り残されないために知っておくべきこと

f:id:rozsa0302:20180822014908j:plain

政府はキャッシュレス決済を普及させるための優遇策の検討に入りました。

急速なITの進化によって世界ではキャッシュレス決済が標準的な決済方法になりつつあります。

また通貨の両替が必要ないので海外での決済に特に人気です。しかしながら日本ではこのキャッシュレス決済が普及していないため外国人観光客の4割が不満を持っているとされ呼び込みの妨げになっています。少なくても2020年の東京オリンピックまでには一定の成果を上げたい考えです。

キャッシュレス決済にはどんないいことがあるのでしょうか。またなぜ日本は普及が遅れているのでしょうか。考えていきます。

キャッシュレス決済とは

キャッシュとは現金のことを指します。したがってキャッシュレス決済とは現金を使わない決済のことです。

すでに一般的になったのはクレジットカードでしょうか。「支払いは現金で」と考える日本人が多いですがインターネットでの決済はクレジットカードが非常に便利です。あまり使わないという人でも一枚は持っているではないでしょうか。

また、都会に住まわれている方や通勤で電車を日常的に使われる方はSuicaを利用されている方も多いと思います。これも現金のやり取りをしないのでキャッシュレス決済の一つです。

そして今注目されているのがQRコードを使用した決済です。カメラ付きのスマホがあれば簡単に決済できるため中国や韓国を中心に爆発的に利用が拡大しました。

日本で普及しない理由

利用者が少ない

日本人は現金至上主義です。

f:id:rozsa0302:20180822001625j:plain

*1

戦争による貧困、バブル崩壊、そしてデフレ化で育ってきた日本人はお金を大切にする傾向があります。キャッシュレス決済は自分でお金を支払うという行為をしないのでお金を使っているという意識が希薄になって無駄遣いしてしまうというのがキャッシュレス決済を使いたがらない人たちの言い分です。

実際にキャッシュレス決済が普及している韓国では自己破産が増え社会問題化したことを考えるとこの言い分は正しいのでしょうが日本人はこういったお金に対する危機意識が世界と比べて高い傾向にあります。

手数料が高い

クレジットカード決済を導入しない企業にその理由を尋ねると42%の企業が手数料の高さを上げます。韓国のようにキャッシュレス化が89%も進んでいればキャッシュレス決済を導入しない=89%の顧客を失うということになるわけなので多少手数料が高くても導入せざるを得ないということがあります。

しかし日本は2015年の時点で18%。また利用場面も金額の大きい買い物に集中していてちょっとした買い物では現金を使う人が多いです。そのため業種によっては決済のほとんどが現金であるところも多くわざわざ手数料を支払ってもそれに見合う集客が見込めないのです。

目指すのはQRコード決済の普及

キャッシュレス決済の中でも今注目を浴びているのはQRコード決済です。クレジットカードや電子マネー決済はそれぞれに専用の機器がいりますがQRコード決済はQRコードを表示する端末とそれを読み込むカメラ付きのスマホさえあれば理論上決済が出来るようになります。

政府は外国人観光客の利便性を向上させさらに呼び込むためこのQRコード決済の普及を促進する優遇策を検討しています。

税の優遇

政府はキャッシュレス決済を導入する企業などに対し一定期間減税する仕組みを検討しています。今まで利用者が少なく導入するメリットが少なかったわけですが仮に利用者が少なくとも導入するだけで減税する仕組みや利用者数に応じて減税率を上げるなどすれば企業も積極的にキャッシュレス決済を利用者に勧めるような環境が出来、普及に効果的な作用をもたらす可能性が高いです。

利用者側のメリットを増やす

今現在すでに現金で買い物するメリットは匿名性が高いということ以外にほぼメリットがないといっていいです。しかしながら現金決済の安心感が日本人の心を掴んで離しません。

そこでキャッシュレスで払った消費者に対して次の決済で使えるポイントなどを付与すると言った策が検討されています。

こういったサービスはすでにクレジットカード会社などが行っていますが単純にもらえるポイントが増えれば利用者も増えるはずです。

現金で買い物をするよりもキャッシュレス決済をしたほうがお得だということを周知させるためにどれだけ予算を割り当てられるかがポイントになるでしょう。

時代に乗り遅れないために

これからの決済で現金が役立つことと言えば匿名性が高いことくらいしか挙げられなくなってきました。

もしあなたが覚せい剤を入手するのであればクレジットカードなどを使ってはいけません。使用履歴が記録されてしまうからです。逆に言うとキャッシュレス決済が普及すると反社会勢力は大いに困ることになります。そういった意味でもキャッシュレス決済の社会的意義は大きいと思います。

またどんなにキャッシュレス決済を毛嫌いしてもこの流れは止まることはないでしょう。今はまだスマホは便利なものですがいずれスマホがなければ生活できなくなるような社会が来ることになります。

キャッシュレス決済が苦手な方も今のうちに少しずつ慣れていくことをお勧めします。

カードを作るなら年会費が無料でキャッシュバックがあるものがお勧めです


全般ランキング